2014年08月15日

ダイエットは停滞期と順調期を繰り返す

食事制限や食事療法を始めて2〜3週間目には、ほとんどの人が体重が減らなくなる停滞期を迎えます。
人の体は、食事の量が減ってエネルギー源が足りなくなると、体脂肪を燃やしてエネルギーに変えます。
そのために、ダイエットを始めるとしばらくの間は、スムーズに体重が減っていきます。

でも体にエネルギー源が入ってこない状態が長く続いてくると、基礎代謝や日常生活で使うエネルギーが少なくてもやっていけるように、体が合理化していくのです。
脂肪をあまり燃やす必要がなくなって、体重が減らなくなります。
この時期が停滞期です。

人間は昔から飢えとの戦いがあって、エネルギー源が体内に取り込まれない飢えを体験すると、少ないカロリーでも生きていけるように、体のシステムを変化させるようになったのですね。
生き抜くための手段なのですが、ダイエットをするためにはこれが障害となります。
ダイエットに失敗する人の多くが、この停滞期に多く失敗しているのですね。

ただ停滞期もかならず2〜3週間程度で終わりになります。
停滞期を過ぎれば、また自然と体重が減ってくるのです。
だから停滞期は、次に体重を減らすための準備の期間くらいに考えて、停滞期もあきらめないでダイエットを続ける必要があります。

停滞期を短期間で乗り切るために効果的なのは、やっぱり運動です。
運動がカロリーを消費しますし、運動で筋肉がつくので、基礎代謝の消費カロリーを多くなって痩せやすい体になります。
この時にハードな運動をしなくても大丈夫です。
短時間で疲れるようなハードな運動は続けられませんから、長時間続けられるような有酸素運動の方が、脂肪を燃焼させるためには効果的なんです。

器具を使う必要もなく、いつでもどこでもだれでも手軽にできる有酸素運動がウォーキング。
運動不足の人は、ぜひ毎日の生活に取り入れたい運動です。
肥満度が高くて、膝や腰に負担が多い人は、水の浮力を利用する水中ウォーキングをするのがいいですね。
posted by eruyu399992 at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日常生活に運動を取り入れる

本格的に運動をするのが大変なひとは、毎日の活動量を少しずつ増やしていくことから始めます。
少しでも歩く距離を延ばしたり、歯磨きをしながら屈伸をしたり、テレビを見ながら腹筋をしたりと、ちょっとしたことでも大丈夫です。
普段はダラダラとする行動も、テキパキとこなすだけでも消費カロリーを増やすことができます。

体を動かすことが慣れてきたら、軽いスポーツやウォーキングなども少しずつ生活に取り入れます。
ウォーキングくらいなら生活に取り入れやすいですね。
ウォーキングは、内臓脂肪を減らすのにとても有効な有酸素運動ですからね。

ダイエットを始めて3週間くらいすると、順調に減り続けた体重が突然減らなくなる停滞期が訪れます。
ダイエット中の摂取カロリーに体が慣れて、少ないカロリーで合理的にやっていくように、基礎代謝や生活に使う消費カロリーを低下させるために、脂肪を燃やす必要がなくなるのです。
この停滞期を乗り越えられるかどうかが、ダイエットを成功させるポイントになりますからね。

運動をしている人は、停滞期が短くてすむのです。
リバウンドを防ぐにも効果的ですから、しっかりと日常生活に運動を組み込みます。
リバウンドで戻る体重はほとんどが内臓脂肪にないますからね。

内臓脂肪を減らすために筋肉をつけておくのです。
内臓脂肪が多い人は、基礎代謝が低くて、痩せにくい体になっています。
基礎代謝は、何もしないで寝ているだけでも体温を保ち、内臓を動かすために使われる消費カロリーです。
脂肪も燃やす役目の筋肉をつけることで、基礎代謝を高めることができます。
筋肉がつけば、何もしなくても消費カロリーが多くて、痩せやすい体になります。

食べるものを制限するだけ、何かを飲むだけのダイエットは、体にとって大切な筋肉が減って、だんだんと痩せにくい体質になります。
食生活の改善と、筋肉をつける運動を組み合わせて痩せやすい体をつくって、健康的にダイエットをしたほうがいいのです。
posted by eruyu399992 at 16:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット成功体験談

仕事柄、昼も夜も外食で、夜は毎日お酒と言う生活を続けています。
そんな生活を続けていたせいか、血糖値、中性脂肪、コレステロール、γ-GTPなど生活習慣病にかかわるあらゆる数値が高くなってしまいました。
糖尿病に両足を突っ込んだような状態ですね。
必要に迫られてダイエットを始めました。

ダイエットをしたことはあったのですが、本気でダイエットを取り組んだのは初めてです。
食事指導、運動を両方してダイエットをしました。
平日はなかなか時間がないので、週末にはウォーキングとジョギングをするようにしました。
お酒が好きなこともあって、アルコール以外の食事のカロリーを1500キロカロリーに抑えるようにしました。

いろいろな食べ物のカロリーが掲載されているカロリーブックを買いこんで、頭の中にたくさんの食事のカロリーを入れたのです。
今まではそれほどカロリーを意識したこともなかったのですが、摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ太るのは当たり前ですね。
油物を控えて和食中心にして、ご飯を少し残すくらいの分量へと変えたのです。
その食事を毎日記録することにしたのですが、これは面倒なので、間食や夜食をすることがなくなりました。

お酒は特に変えずに、食べ物のカロリーを制限して、ツマミの量も減らしたら、自然とお酒の量も減ってきました。
満腹になるまで飲んで食べてということはなくなりましたね。

朝食をしっかりと食べて、夕食を軽くするほうがいいようですが、お酒を飲むので夜の食事が中心になってしまいます。
その分昼食を軽めにするようにしました。

食事制限はストレスになりやすいですが、毎日記録を付けたことでモチベーションも下がらないですみました。
お酒をやめなかったのもいいですね。
毎日体重を測って、すぐに調整できるようにしていました。

10か月もすると体重も10キロ近く落ちました。
体が軽くなったので、体調もいいですし、健康診断で再検査になった数値も改善しました。
この程度のダイエットならずっと続けられそうですから、これからもこの体重を維持していきたいですね。
posted by eruyu399992 at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。